bIMGP0537

フィールドサーチ報告。岡山のタイラバゲームはいよいよ冬場へ!

こんにちは、ガイドのShunです。本日も朝から半日、フィールドサーチに行って参りました!

bIMGP0512

こちら岡山南部でも霜が降り始め、いよいよ冬のシーズンが始まろうとしています。朝出発時には、ボートのデッキ、ガンネルにも霜が降りており、かなり冷え込んでいました。

ポイントへ到着すると、水温は14℃後半。徐々に下がってきてますね。このときは下げの潮止まり前、まだ潮は効いている様子でした。

bIMGP0518

魚探の反応を探ると、10m~20mの浅場でまだまだ元気な反応があり、期待を持たせるものでした。先日、下げの潮で良かった流しからスタート。

早速、タイラバを落とすと…「ガツガツガツッ!」といきなりビッグバイトが!

「いきなりの良いサイズー!」と、テンションが上がりまくっていました。

しかし、あと5m…「スッ」

ラインのテンションとともに、私のテンションも無くなりました。結局この日一番だったように思います。痛恨のバラしでした。

そして、この後何回バラすの!?と言うくらい、バイト&ファイト&バラし。10回はバラしたでしょうか…。

「何でこんなに外れるん?水温下がったけん、喰いが甘いんかなー」と自問自答。しかし、ポイント、潮、風、流すコース、リトリーブ速度、タイラバ等全てマッチしていたはずです。実際、針噛みバイト多発→針掛かりしていたので…。

結局のところ原因は単純で、リアフック先端が死んでいました…。好反応の時合いをフックチェックを怠っていたために、みすみす逃してしまいました。超基本事ですね、猛省です!

bIMGP0530

潮止まりを迎えても反応は良く、フックを交換後すぐにこの日初フィッシュ!手のひらサイズの小鯛君、暖かくなったらまた会いましょう!

そして、潮が再び動き始め…釣行時間は残り僅かでしたが、満ちの潮が走り始めました。

bIMGP0531

上の写真、海の様子を見て、ピンと来る人は間違いなく鯛ラバフリークですね!陽の差す角度、潮の走り、淀み、速さ、これはもうヨダレが出るレベルです。この時期でも、一番おいしいタイミングは変わりませんでした。

そしてその直後、もう一匹食べ頃サイズを追加したところでフィニッシュ。これからの時間帯はさらに良さそうで、後ろ髪引かれる思いでしたが、後日のお客様のため海にキープしておきましょう!

bIMGP0537

西高東低が少し緩んだこの日、風はかなり吹いていましたが、陽が差せば少し暖かく感じました。

岡山、瀬戸内の海、冬の鯛ラバゲーム、いよいよ開幕です!!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です