投稿

bIMGP1064

チャーター報告。島周りでタイラバ、キャスラバ!産卵からみのロクマルも!

こんばんは、岡山の遊漁船ファンクションのガイドShunです。本日チャーターの様子を報告いたします。

この日のアングラーは姫路からお越しのY様と神戸からお越しのD様。遠方より当サービスご利用、本当にありがとうざいました!そして釣行本当にお疲れ様でした!

bIMGP1044

この日は朝6:30頃の出船でした。薄曇りの中、いつもお世話になっているポートオブ岡山さんを後にします。

Y様「D君に何とか鯛をタイラバで釣らせてあげてください!」

Y様とD様は学生時代から仲良しで、よくお二人でオフショアゲームを楽しんでいるとのこと。

D様、ガイド「頑張ります!」

そしてポイントに到着すると、ほぼ無風で満ち潮の走りだしたコンディション。この日は中潮、表層水温は14℃~15℃ほどまで上昇。期待いっぱいの中スタートです。

bIMGP1046

まずタイラバで釣り始めたのですが、沖の方で魚のボイル(サゴシ?)があったので少し狙ってみました。

bIMGP1047

ただその時合いは短くすぐに沈んでしまったようです。

気持ちを新たに、タイラバに集中して頂くと…。

bIMGP1048

早速D様に綺麗な鯛がヒット!いやー嬉しかったですね、ガイドとのグーパン握手も強めに決まりました!

bIMGP1049 bIMGP1051

Y様にもシーバスや真鯛が元気よくヒット!特にY様はスピニングタックルでのキャスラバを駆使されていました。お見事なフィッシングスタイル、こちらも大変勉強になりました!

bIMGP1053

特にY様がロクマルアップをスピニングタックルでやりとりされている様子はまさにエキスパート。大変落ち着いたファイトで、お見事でしたっ!!

そして、この日釣れた真鯛たちは産卵からみのグッドコンディションばかり。午前中はとても楽しい時間帯となりました。

bIMGP1057

潮止まりには島周りでインチクやジグ、テキサスリグでロックフィッシュを狙って頂きましたが、こちらは不発でした。

その後、再び真鯛を探しに各島周りを巡りましたが…。厳しい時間帯が確かにありました。それでも集中を切らさず、リトリーブを続けるお二人。さすがでした!

bIMGP1058

Y様は着々と鯛を掛けられていました。

D様も、何度も鯛を掛けられるのですが、バラしが連発。特に足下まで別の鯛がチェイスしてきたのには驚きましたね。

ガイド「バラしが続きますね…」

D様「悔しいですね」

ガイド「一週間は寝付きが悪いんじゃないですか?w」

D様「そうですねーw なんとかもう一本!」

bIMGP1064

それでもD様、あきらめない気持ちが大切でしたね、終了間際の一枚が最高に嬉しかったです!ガイドの方も思わず叫んでしまいました!失礼しましたw

bIMGP1068

この日のお持ち帰りは上記の写真の通り。お二人様チャーターでこの季節、ゲームフィッシングで素晴らしい釣果だと思います!

Y様、D様本当にお疲れ様でした!姫路、神戸までのお帰りはどうかお気を付けてください。

この度は当サービスをご利用頂き本当にありがとうございました!またのご利用お待ちしております!

bIMGP1020

チャーター報告。キャスラバ、鯛ラバで瀬戸内の桜鯛をキャッチ、シーバスも!

こんにちは、岡山の遊漁船FunctionのガイドShunです。昨日、4月16日のチャーターの報告をさせて頂きます。

またその前に、当サービスへのお問い合わせ、投稿記事へのコメント等をたくさん頂くようになりまして、誠にありがとうございます!そして、コメントへの返信が遅れており、大変申し訳ありません。今日は一日時化っぽいので、Web仕事を頑張りたいと思います。

さて、この日も朝一出船、気持ちの良い春の夜明けの中、港を後にしました。

bIMGP1016

この日のアングラー様は、普段も同じ海域でよく釣りをされているというヤン○ーのF川様。

ガイド「移動時、音楽爆音で行きましょう!何かスマホに音楽入ってます?」

F川様「いろいろありますよ、トランスとかイキます?w」

ガイド「それで!w」

日の出に向かってのポイント移動、船上トランス爆音で最高にテンション上がりましたね! 完全にヤバい船でしたw

bIMGP1017

F川様はオフショアエキスパートの方なので、こちらも気合いが入ります!まずは満ち潮止まりを狙ったポイントからスタートです。一投目から良型のバラしもあり期待が持てそうな雰囲気でした。

F川様はスピニングでのキャスラバ(キャスティング&鯛ラバ)を駆使されていました。地形を元に、潮と風に対して鯛ラバをどのコースでリトリーブするか良く読まれている様子でした。こちらもF川様のスタイルをしっかりと勉強させて頂きました!

bIMGP1019

また、お互いにバス釣りが大好きなので、釣行中はバス談義でも盛り上がりましたw

F川様「バスは基本夜行くんよねー。冬もトップオンリーで。」

ガイド「ヘッドライト付けて?」

F川様「いや、月明かりも無しの中、フローターで。着水音とバイト音のみが頼りw」

ガイド「ヤバ過ぎ!それ、通報されません?w」

F川様「ほんまそれ!w でも楽しいんよー!」

まさにエクストリーマーですね!チャーター中のトーク、ガイドの方が楽しませて頂きました!

bIMGP1020

長潮のこの日、決して簡単ではない釣行日だったと思うのですが…あっさりとプリスポーンダイナマイトをキャッチ!まさに桜鯛、良いお腹でしたねー!

しかしその後、厳しい時間帯は確かに長く、忍耐の釣りが続きました。

F川様「鯛ラバにちょっと苦手意識あるんよねー」

ガイド「そうですか?」

F川様「この迷宮から何とか脱出したいんだけどw」

bIMGP1022 bIMGP1027

いやいや、良型のシーバスも現れ、さすがでした!!

ガイドも竿を出させて頂いたのですが、さっぱりでした。それでもF川様はいろいろと工夫を凝らされ、厳しいコンディションの中確実に魚を手にされていました。

F川様「鯛ラバ、やっぱおもろいわーw」

ガイド「鯛ラバアレルギー、少しは治りました?w」

F川様「ですね、治りましたね!w」

bIMGP1029

お持ち帰りは上記の鯛でした。何とかリミットメイクを目指して頂いたのですが…それでも個人的には長潮アレルギーが少し治ったように思いますw、F川様ありがとうございました!

またのご利用お待ちしております!本当にお疲れ様でした!ありがとうございました!

次回は夜のフローターの部、誘ってくださいね!w

 

bIMGP0890

フィールドサーチ報告。岡山沖スロージギングで、真鯛、シーバス!

こんばんは!岡山の遊漁船ファンクションのガイドShunです。

本日も午前中、岡山沖へフィールドサーチに行って参りましたので報告します!

bIMGP0865

最高の天候のもと、出船しました。本当に気持ちの良い天気でしたね!

表層水温はこちら岡山沖も10℃前後で時間帯により少し上昇する程度。朝の内はまだまだ冬の装備が必要です。

しかし、陽が高くなり始めると次第にポカポカ陽気に。いやー、最高の釣り日和でした!

bIMGP0868

暖かな春の日差しに誘われて、ベイトも表層を元気に泳いでいました。こちらのポイントはちょっと小さい様子でした…。

あまりの天気の良さに、この日は少しジグで遊んでみようかなと思い…。

マッチザベイトの王様が相手でも挑戦です!鯛サビキの反応の中にジグを落としてみました。

が案の定、喰わないですよね(^^!) 試行錯誤の時間帯が続きました。

潮が、ベイトが…と言い訳は簡単ですが、狙う反応、水深を色々と変え、アクションも様々なパターンを試みてみます。

すると、浅場の濃い群れを直撃したところ…

bIMGP0890 bIMGP0874

ナイスな真鯛がガツンとバイトしてくれました!浅場でのやりとりもあり最高にエキサイティングでした。キモはまさにリアクションバイトでしたねw

これはいいぞ!と続けて、10~15mの浅場中心に反応を探っていきました。

しかし、

bIMGP0873

シーバスの猛攻に遭い、真鯛は続きませんでした。これはこれで面白い釣りですけど!w

その後、タイラバに変更すると普通に鯛のバイトがありましたが、バラシばかり。何とか改善していきたいところです。

bIMGP0880

本日のキープはこの一枚!

この鯛は旧友のお祝い(第二子誕生、おめでとうございます!)としてクール便で送らせて頂きます。頑張って捌いてくださいw

こちら岡山沖でも、スロージギングで真鯛やロックフィッシュ、フラットフィッシュ、シーバスを狙うことができます。誘い方、アクションはアングラー次第です!

当船ご乗船の際には、タイラバタックル以外にもスロジギタックルを是非お持ち込みください!

(使用ジグは40g~80g程度、PE0.8~1.2、リーダー16~25lb程度が目安です)

bIMGP0697

チャーター報告。スロージギングでシーバス、鯛ラバは大苦戦!!

こんばんは、ガイドのShunです。

本日のチャーター便の報告です。いつもご利用ありがとうございます、Y様。そして、今回初乗船となるK様のお二人での4時間ほどの短時間チャーターでした。

遠方よりありがとうございました!そして、本当にタフコンディションの中、お疲れ様でした。

bIMGP0690

波風が予想される出船でしたが、岡山沖はあまり波はなく、気持ちの良い出船となりました。なお、朝一出船ではありませんでした(8:00~12:00過ぎまで)。

ちなみに上の写真、赤いウェアを着られているK様は、「乗船名簿」への記入(入力)中です。当船では、乗船名簿はクラウドで管理していますので、ご乗船の際には端末より入力をお願いいたします。

bIMGP0691

さて、最初のポイントへ到着すると…結構吹いてましたね、西風。陽は差すのですが、風のため体感温度は相当低かったです。風に波が立ち結構釣りづらい状況でした。

早速、お二方ともタイラバからスタート。水温は11℃台、中潮の満ち潮。魚探の反応は底から中層までまずまずと言った感じ。

早速、Y様「今触ったわ!」と、バイトがあった様子。確かにそのときの魚探の反応、ラインの入り方ともにGoodでした。

厚かましくもガイドの方から、「やっぱりリアに一本フック足しておいた方がいいですよ」とアドバイスさせて頂きました。

そして、残念ながらこの流しではそのワンバイトのみ。

次のポイントへ移動です。

こちらではY様、スロージギングにてアタックです!

するとすぐに「喰ったっ!」

bIMGP0693 bIMGP0694

ガイドもランディングに手こずりましたが、お見事!グッドサイズのシーバスをキャッチされていました!

続いて、K様もタイラバで今年初フィッシュをキャッチ。キレイな真鯛をお見事でした!

bIMGP0697

さて、出だしは好調な感じでしたが…。

釣行開始から1時間もすると徐々に西風が強くなってきました…。超ー寒かったですね。ただ、周辺に船は一隻も見当たらず、エリア全体、貸し切り状態ではありました。魚探の反応もまずまずで、船の立て方だけ配慮すれば期待できそうだったのですが。

しかしその後、パタリとバイトが遠のきます。

私とY様はよく二人で冬場に島根県出雲沖に釣行へ行く仲なのですが、神鰤シーズンのあの荒波を彷彿とさせる海上の様子でした。

「幕島さん、思い出すね-」「ですねー」「でもこんくらいのコンディションなら楽勝でしょ!」お互いに励まし合います。が、やっぱり風が強いです。

そして、次第に雨も降り出し、風はますます強くなってきました。

ガイドもお二人のために何とかお土産をと思い、いろいろと手を尽くしましたが。結局、ダメでした。

bIMGP0698

Y様、雨と西風の強さに完全に心折れた感じですね。そして、今日はゼナックのいつもバーサタイルロッドが吠えませんでしたね…。

それでも、このタフコンディションの中、良く頑張られたと思います。

「帰ったら嫁に怒られるわ-」「険悪な雰囲気は、全てガイドのせいにしておいてください!」

次回は、是非凪を狙って出撃しましょう!この季節ですし。

なお、お二人から弊社遊漁船サービス「Function」の本格営業へ向けての「進水祝い」を頂きました。本当にありがとうございました!特に、封書の「安全祈願」の文字に感謝いたします。このお返しは後日、「獲りたて冬の脂乗り天然真鯛、神経締め、血抜きの極上物」をクール便で送らせて頂きます!!もっちもちの魚体を絶対にお送りしたいと思います!重ねて本当にありがとうございましたっ!!!

もちろん、今後もお二人にはご贔屓にさせて頂きたいと思います。

海上での釣りは、釣果よりも「安全第一」。無事にお客様をマリーナまでお返しすることが何よりも大切なことです。この日のポイントは、少し危険を感じるほどの天候であったため、早上がりでした。釣果的には惨敗…次回、リベンジです!

以上、本日のチャーター報告でした。

bIMGP0117

悪天候の中チャーター、貴重なシーバス、根魚をキャッチ!

こんばんは、ガイドのshunです。

先週末11/14の報告です。お客様は、普段アメリカのバストーナメントで活躍されているU様です。この度、久しぶりに一時帰国されたとのことで、「釣り行きますか!?」とお誘いすると、「是非!」とのことで一日ご一緒させて頂きました!

bIMGP0109

この日は朝からチャーター出船予定でしたが、雨プラス雷の悪コンディション。急遽、「七区、陸っぱりでもいきますか?」となり、昼過ぎまでバス釣りをしました。いやー、やっぱりバスも面白いですね!!

そして、その後天候が回復してきたかと思われたので、ソルトオフショアへ!

bIMGP0112

bIMGP0115

フィールドチェックも兼ねて、湾内のボートシーバスゲームへ向かいました。

しかし、再び天候が悪くなり、豪雨に打たれながらの釣行となりました。U様は「良い嵐ですね、嵐好きなんですよねー」とのこと。そのアングラー魂、さすがです!

bIMGP0117

U様のストラクチャーをタイトに狙うキャスティング技術には、本当勉強させられます。途中、ビッグバイトもありましたが、抜けたようですね、とても残念でした。

bIMGP0133

そして、シーバス以外にも、ミノー(リップライザー)で良型根魚もキャッチされていました。タイトすぎるリトリーブコースに喰ってきた感じですね。

午後は日没まで、結局オフショアでは短時間の釣行となりましたが、お楽しみ頂けたようで本当に良かったです!

またのご利用、よろしくお願いいたします!!